So-net無料ブログ作成

<掘り出しニュース>わさおの“ぶさかわいい”ティッシュ人気 北東北限定(毎日新聞)

 【青森】「不細工でかわいい(ぶさかわいい)」秋田犬、わさおをパッケージにあしらったティッシュが若い女性を中心に人気を呼んでいる。「鼻セレブ」の北東北3県限定品。発売元の王子ネピアによると、表情のユニークなかわいらしさから採用された。

【毎日動物園】本物のわさおです

 わさおは東京の出版社から写真集が出たり、かりんとうの袋に写真が採用されたりと、相変わらずの人気が続いている。このティッシュは出荷をほぼ終えており、4月中には店頭から姿を消す見込み。

 飼い主の鰺ケ沢町のイカ焼き店経営、菊谷節子さん(66)は「話を持ちかけられた時は少し戸惑った。わさおも鼻水を垂らすことがあるので、今度使おうかな」と話している。【三股智子】

【関連ニュース】
こんなことも…イカかりんとう:夢工房月見野、「わさお」のイカ焼き店菊谷商店とタイアップ /青森
【毎日動物園】カワイイ動物たちの写真いっぱい!

たらい舟 ゆらゆら春の川下り…芭蕉ゆかりの岐阜・大垣(毎日新聞)
<自民党>改革色強く打ち出す 国家公務員法等改正案の対案(毎日新聞)
足利事件 警察庁・最高検が総括 「DNA型鑑定 過大評価」(産経新聞)
<普天間移設>政府案「月内」断念 米の反応厳しく(毎日新聞)
「2人目擁立」方針を支持=民主・輿石氏(時事通信)

<新種の人類>4万年前、露南部で生活 骨片のDNAで判明(毎日新聞)

 約4万年前にロシア南部で未知の人類が暮らしていた可能性の高いことが、独マックスプランク研究所などの分析で分かった。約104万年前に現生人類やネアンデルタール人と共通の祖先から枝分かれし、独自に進化したらしい。25日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

 研究チームは、ロシア南部のアルタイ山脈にあるデニソワ洞穴で見つかった指の骨片を分析した。細胞内の小器官「ミトコンドリア」からDNAを取り出し、塩基配列を特定、現生人類やネアンデルタール人、チンパンジーなどと比較した。

 その結果、骨片は約104万年前に現生人類やネアンデルタール人と共通の祖先から枝分かれした新しい人類のものと結論づけた。また、骨片が出土した地層の年代が4万8000〜3万年前だったことから、4万年前まで存在していたことも判明した。

 人類の起源はアフリカと考えられている。約190万年前、猿人から進化した原人がアジアへ移動。原人は、約47万年前にネアンデルタール人の祖先と現生人類の祖先にそれぞれ進化したとされている。チームは「未知の人類はユーラシア大陸で、他の人類の祖先と近接して共存していたようだ」としている。【元村有希子】

【関連ニュース】
古代人の生活体験を 8月に1泊ツアー
世界の雑記帳:4万年前に「未知の人類」、ロシア南部で小指の骨発見
人類のふるさとアフリカ

亀井氏、「自主防衛力の強化を」(産経新聞)
<水俣病>未認定患者団体「不知火会」が和解案受け入れ(毎日新聞)
ファミレスに行く頻度は? 不況で半年のうちに機会半減(産経新聞)
警察庁「寝耳に水」の毒ギョーザ容疑者逮捕(読売新聞)
中井氏、女性問題を官房長官に釈明 閣僚辞任は否定(産経新聞)

<島根原発>123カ所で点検漏れ 1号機の運転停止(毎日新聞)

 中国電力(本社・広島市)は30日、島根原発1、2号機(いずれも松江市)で計123カ所の点検漏れがあったことを発表した。機器が点検計画通りに交換されていないのに、社内連絡が不十分だったため、点検していたことにして処理されていたことなどが原因。同社は1号機の運転を31日から停止し、定期検査のために運転停止中の2号機と共に点検する。【細谷拓海、岡崎英遠】

 経済産業省原子力安全・保安院によると、点検漏れを原因とした原発の運転停止は初めて。同社は「放射線漏れなど安全面での問題はない」としているが、ずさんな安全管理の実態が明らかとなった。

 同社は30日、保安院に報告した。報告書によると、点検漏れがあったのは1号機が14系統74カ所、2号機が8系統49カ所。このうち、法律で定められた検査対象は、それぞれ38カ所と23カ所あった。

 06年9月から07年4月の定期検査で取り換える計画だった高圧注水系の蒸気外側隔離弁のモーターが、取り換えられていなかったことが09年6月の定期検査中に発覚。同社は動作試験で弁の安全性を確認したが、改めて調査を行ったところ、計123カ所の点検漏れが分かった。機器の中には、1989年以降、点検されていなかったものもあるという。

 中国電力によると、部品のサイズが合わないことや、工事仕様書に点検すべき機器が記載されていないなどの連絡が、社内で行われていなかったという。

 ◇「自主検査」形骸化

 経済産業省は30日、原子炉等規制法と電気事業法違反の疑いがあるとして、全1〜3号機の保守記録を総点検し、1カ月以内に原因や対策を報告するよう同社に文書で指示した。経産省原子力安全・保安院は全容解明後、厳正に対処する方針。

 原発1基の点検項目は数万件と膨大で、国が逐一検査できない。このため、電力会社が自ら安全運転に必要な「保安規定」を決めて定期検査し、国が検査体制の不備を抜き打ち審査する仕組みになっている。02年と06年に判明した電力各社の点検記録の不正に対する反省から法改正して決められた。

 09年には、この自主検査体制への信頼性に基づき、国の定期検査を現行の13カ月間隔から最大2年間隔に延ばせる「新検査制度」が導入された。

 今回判明した問題は、こうした自主検査体制の信頼性を損なう恐れがある。中国電力は、過去の不正の反省から、点検作業自体とその確認を別の部署で行う体制に改めた。しかし、点検部署が部品の交換をせずに済ませたのに、作業計画変更の連絡がなかったため確認部署が「交換済み」と記録するという形骸(けいがい)化した体制の一端が明らかになった。【山田大輔】

【関連ニュース】
中国電力:原発説明会阻止される 山口・上関
<ニュースがわかる>核燃料サイクル 見えない先行き
プルサーマル:営業運転開始 伊方原発
原子力安全白書:稼働率向上など推進色の濃い内容に

有珠山 噴火から10年 洞爺湖町などでイベント始まる(毎日新聞)
大阪中心部に親水ゾーン「僕も泳ぐ」橋下知事(読売新聞)
<阿久根市>市職労が庁舎敷地から退去へ(毎日新聞)
ホットドッグプレスがウエブ限定復刊(産経新聞)
<茨城空港>アシアナ航空機がオーバーラン(毎日新聞)

不適切昇給「わたり」福島・千葉県も…総務省(読売新聞)

 総務省は26日、実際の役職よりも高い給料を支払う「わたり」が、福島、千葉両県で新たに確認されたとする再調査結果を発表した。

 両県では、国で3、4級に相当する主査が、5級に格付けされるなど計1601人の「わたり」があった。両県は来年度から是正する。

 同省は昨年12月、全国219の自治体で「わたり」が行われていたとする調査結果を公表。都道府県は大阪府のみだったことから、原口総務相が都道府県と政令市を対象に再調査を指示していた。

医療事故モデル事業継続=5学会で社団法人立ち上げ−「2年で制度化への道筋を」(時事通信)
元専務、遺族集会で謝罪=JR福知山線事故−兵庫(時事通信)
岩手知事、生方問題でマスコミ批判「異常な取り上げ方だ」(産経新聞)
スタチン系6成分などの添付文書改訂を指示―厚労省(医療介護CBニュース)
自民・大島幹事長、藤川市議の参院選擁立認めた(スポーツ報知)

<パ・リーグ>開幕 西武ドームに4000人が行列(毎日新聞)

 プロ野球のパ・リーグが20日、開幕を迎えた。日本ハム−ソフトバンク(札幌ドーム)、西武−ロッテ(西武ドーム)、オリックス−楽天(京セラドーム)の3試合が、いずれもデーゲームで行われる。

 好天に恵まれた西武ドームでは、自由席の良い場所を確保しようと、開場前から多くのファンが集結。開場30分前の午前10時の時点で、約4000人の行列ができた。

 三塁側入場口の先頭に並んでいた東京都東村山市の主婦、和田真紀子さん(47)は、家族3人で、この日未明の午前3時ごろから並んだという。「西武ファン歴はもう24年。毎年、開幕を楽しみにしている。若い力で日本一を目指してほしい」と胸を高鳴らせていた。

 セ・リーグは26日に開幕する。【安田光高】

狩野探幽 水墨画「雲竜図」の作者と判明 京都・興正寺(毎日新聞)
<雑記帳>「工学博士号取得世界最高齢」ギネス申請(毎日新聞)
カラーボール見事命中!コンビニ強盗すぐ逮捕(読売新聞)
「日本庭園」の景観復活へ 大阪万博40年 草木伸び放題、伐採視野(産経新聞)
イラク戦争、検証が課題=政府答弁書(時事通信)

テレビ盗む途中に見つかり、自転車投げつけ…捕り物劇(産経新聞)

 17日午後8時10分ごろ、大阪市淀川区木川西の民家の玄関先で、不審な男がいるのを近所の人が発見。男はテレビを持ち出そうとしたため、近くに住む町会長の男性(79)が問いただすと、男は逃走した。

 男は約30メートル離れたマンション敷地内で、追いかけてきた町会長に自転車を投げつけたが、居合わせたほかの男性らに取り押さえられ、淀川署員に事後強盗容疑で現行犯逮捕された。町会長にけがはなかった。

 淀川署によると、男は近くに住む無職、高田稔容疑者(42)で、「テレビは人に頼まれて運んだ」と供述。民家は留守中で、町会長が管理を任されていたという。

【関連記事】
「強盗に乗じて・・・」店員が1万円どさくさ盗
ファミマ狙い?未明、また和歌山でコンビニ強盗
たばこも要求、コンビニ強盗が現金と3カートン奪う 和歌山
なぜ殺害し、現場に火をつけたのか…「半落ち」の女子大生殺人犯
すき家に強盗、「マネー、マネー」と脅し25万円奪う 愛知

<特別交付税>09年度は2.7%増加(毎日新聞)
狩野選手に祝福の電話=首相(時事通信)
<強風>杉の木が倒れ石灯ろう壊す 奈良の春日大社境内で(毎日新聞)
<JR山手線>浜松町駅で女性はねられ死亡 31本に遅れ(毎日新聞)
JR不採用、和解金2400万円…政府解決案(読売新聞)

<山口彊さん偲ぶ会>長崎で非核平和の誓い新たに(毎日新聞)

 二重被爆者として初めて公式認定され、1月4日に胃がんのため93歳で死去した山口彊(つとむ)さん=長崎市=を「偲(しの)ぶ会」が13日、長崎市内で開かれた。遺族が主催し、友人や生前親交のあった中高生ら約100人が参加。遺影を前に思い出を語りながら、非核平和の誓いを新たにした。

 山口さんは、次男捷利(かつとし)さん(59歳で死去)の死をきっかけに、89歳から被爆証言を始めた。会ではその活動を収めたビデオを上映。昨年12月、山口さんの病室を訪ねた映画監督のジェームズ・キャメロン氏が「山口さんの思いを受け継がせてください」と話し、山口さんが「私の役目は今終わりました」と応える場面も映された。【阿部弘賢】

【関連ニュース】
イラン:国会議長が長崎報告「真のホロコースト」と米批判
しのぶ会:山口彊さん=3月13日、長崎原爆資料館
元長崎市長:本島等さん、野中元議員と反戦対談
長崎原爆投下:カラー映像を発見 米軍が直後の市街地撮影
日米密約:報告書提出 非核三原則の法制化要望書、被爆者5団体が送付

<水俣病>一時金1人210万円の和解案 「不知火」訴訟(毎日新聞)
来年度改定、厚労省・佐藤医療課長に聞く(医療介護CBニュース)
ハイチ地震 PKO防衛省技官、国連事務所を耐震診断(毎日新聞)
7人焼死火災、グループホーム運営会社など捜索(読売新聞)
米次官補来日中止、関知せず=鳩山首相(時事通信)

<萩原朔太郎>マンドリン曲がCDに 音楽家への思いが結晶(毎日新聞)

 詩人の萩原朔太郎(1886〜1942年)が作ったマンドリン曲「A WEAVING GIRL(機織る乙女)」が初めてCDに録音され、この曲をメーンにしたCDが今秋に発売される予定だ。詩作の一方でマンドリンに打ち込み、音楽家を夢見ていた朔太郎の思いが結晶した曲は注目されそうだ。

 朔太郎が初詩集「月に吠(ほ)える」(1917年刊行)を出す前に、前橋の実家で作曲したとみられる。自身が主宰のマンドリンクラブなどで演奏していたが、その後は忘れられていた。

 制作を企画したキングレコードの宮山幸久プロデューサーが、前橋文学館に保存されていたオリジナル楽譜を探し当てた。朔太郎は題字や署名、アンダンテ・カンタービレ(歩く速さで歌うように)など、すべてアルファベットで書いていた。

 宮山さんはマンドリン奏者の高柳未来(みき)さんに演奏を依頼。イ長調で約4分の曲はリアルさと幻想性を兼ね備え、機の糸が切れたり、糸が紡ぎ直されたりする様子を細かに表現している。

 高柳さんは「リズムと間が素晴らしく、弾くうちに乗ってくる」、宮山さんは「奇妙な和音もあるが、それが『月に吠える』の感覚を思い出させる」と話す。同文学館の須川武則館長は「朔太郎の多面性が分かる」と喜んでいる。【梅津時比古】

民主党「七奉行」が会合、参院選「厳しい」で一致(産経新聞)
普天間移設 ホワイトビーチ沖合案が浮上(毎日新聞)
原口総務相 新人議員向けの勉強会開く(毎日新聞)
鳩山首相、小沢氏との距離否定=「これからは頻繁に会う」(時事通信)
男性警視が焼身自殺か=車に灯油、中から遺体−奈良県警(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。